確かめる試験

どうやって試験を行っているのだろうか

金属というのは負荷をかけ続けるとだんだんと強度が落ちていき、やがて亀裂や破壊されて壊れてしまいます。 これは金属疲労と呼ばれる現象で、故障や事故の原因になるのです。 この金属疲労という現象は、弱い力でも長時間の負荷によって起こることが知られています。 金属を使った製品は数えきれないほど存在します。 飛行機や車、自転車や遊具など、すべての製品において安全性のために金属の疲労試験を行って耐久力をチェックしています。 疲労試験に用いられる機械は日々新しいものが開発されていて、小型で効率的に負荷をかけられる製品も多くなってきています。 操作がしやすくなれば疲労試験にかかる労力も少なくなり、企業にとって有益といえます。

疲労試験の方法や価格について知ろう

疲労試験は専門の技術センターなどに依頼する委託試験があり、様々な方法で負荷をかけて耐久性をチェックします。 委託試験の場合、疲労試験の項目一つ一つに料金が発生し、一つの試験の価格が平均して数千円ほどです。 試験の種類が多いので、全ての試験を受ける場合1度にかかる費用の相場は50万円ほどになります。 企業向けに疲労試験専用の機械も販売されており、開発中の製品のチェックに使われています。 こういった疲労試験機は非常に高価で販売されており、1台数百万円という機械も珍しくありません。 専門的な機械であり、継続的なメンテナンスも必要となるため、維持費もかかります。 中古品の試験機も販売されているので、古い型のものであれば安く購入することも可能です。 他にも試験機をレンタルする方法もあるので場合に応じて選びたいです。